Love CW~♪ 

ほぼほぼQRP♪ 和文勉強中です。

交信して下さる方へ:特にお申し出が無ければ、QSLカードは、JARL経由とeQSL、両方ともお送りします。
また、ノーカードでも、まったく問題ありませんので、聞こえておりましたらお声がけ下さい。
あと、ホームでは設備が悪いため、好いシグナルレポートお送りできませんこと、ご了承下さい。


JI1BJK


 前回FT-818NDの記事でも少し触れましたが、この6W機で初めてA1 CLUBのQSO PARTYに参加してみましたので、その時のことを少し書いておきたいと思います。

 A1クラブのページにも私のコメントがありますので、概略はそちらの方をご覧頂くとして、私はこの時点で和文がまったく出来ず、欧文でもラバスタもおぼつかない状況で、それまでの交信もほとんど599BK TU VA E Eでした。それが、欧文ラグチューに踏み出そうとしているのですから、かなり無謀な企てです(笑)。

 アンテナは釣り竿を張り出せないマンションゆえ、ベランダにこっそり出している2mと430のGPでやるしかありません。そこで取った作戦は、2mなら交信機会は増えるかもしれないけれど、和文勢力が強いので、「ホレOK?」にSRIと答えるのも少し面倒でしたので、ほとんどモールス符号の聞こえない430でやるしかないかな、というものでした。

 一番最初は、2m(144MHz)で、たまにホレではないCQも出ていますので、そちらに応答してみたのですが、NAME(OP)は聞き出せたものの、Keyを聞いても、ファイナルを送られてしまって、これは430で先輩方の胸を借りるつもりでCQを出してみるしかない、と決意。芦川先生の『実線ハムのモールス通信』でも上達するには自分からCQを出して、冷や汗をかきながら聞き取って慣れていくしかない旨書かれていますし、実際、いまCQを出している人たちだって、最初は通った道だと思えば、自分もこの試練(笑)に耐えるしかないだろうと思ったわけです。

 これはCWの応答デビューの時も同じ考えでしたが、最初は誰でも一年生です。冷や汗と恥をかきながら上達していくというのは、何もアマチュア無線だけに限らないでしょう。幸い430のCW帯は聞いている人も少ないので、迷惑をかける人も少ないでしょうが、それだけ応答率も低いわけで。難しいところではありますが、自分としてはここで少しでもステップアップできれば…との目論見でしたので、アワードは貰えなくても(参加賞は貰える(笑)し)、少しでも進歩できれば好いというつもりで始めました。

 ただ、自分からCQを出すに当たって、「これだけは厳守」という項目を設けました。それは交信中は、ネットにも接続せず、ハムログにも入力しないことです。これは自分の聞き取り能力を少しでも高めるために必須だと思ったのです。ネットでコールサインを検索すると、その人のサイトやSNSでCWで使うハンドルやQTHは判ってしまい、それを見て聞き取りをしても、聞き取るというよりは聞きながらそのデータを追認するだけに終わってしまい、聞き取り能力の向上には寄与しないと思ったからです。

 そしてもうひとつ、自分からCQを出した交信には、最後にStay Home es FB Ham Life.と打つように心懸けます。これはもちろん、コロナで外出がかなり厳しく自粛を求められている中、お互い頑張りましょうというエールを送るためです。


 初めてCWでCQを出したのは5月の6日、GWの最終日でした。

  CQ CQ A1 PTY    DE JI1BJK JI1BJK JCC 1013 1013    PSE QRS K

 やはりというか、何度打っても応答はありません。 まぁ、430といえばFMがほとんど。せいぜいいいとこSSBですから、CW帯である430.100の下をワッチしているひと自体少ないですし、6Wというショボ波をGPで飛ばそうというのですから、いくら高台に建つマンションで眺望良好とはいっても、聞こえる局は自ずと限られてきますから無理もないかな…、そんなかんじで、諦めて16時頃でしたが、ひとまずCLを打ったところ、コールをくれた同じ市内のOMさんがいらして、つっかえ、つっかえしながらお名前QTH等聞き出したあとUR KEY?と伺ったところ、すんなりと(しかしゆっくりと何度も辛抱強く)メーカー名と型番を打って下さり、無事交信を終えることが出来たのです。

 いやぁ、うれしかったです。やっぱり430じゃCQ出しても応答なんかあるわけないか…と諦めかけていたところでしたので、一局でも応答があって、しかもお題の相手の使用電鍵KEYを聞き出すことになんとか成功したのですから。やっぱりCWやっている人は親切な人が多いな…との印象を新たにしました。

 これで火が付いたのでしょう。めげずに430でCQ A1 PTY PSE QRS K を繰り返し打つようになりました。5/9土曜日には私の打ち間違いだらけで弱い信号のはずのゆっくりCQに遠方(茨城県と静岡県)から2局も応答があってびっくり。これはあとで気がついたのですが、ちょうどVHFコンテストがあって、ワッチしている人がいたのが理由だったようです。お二人ともKEYが聞き出せなかったのは、私の聞き取り能力が劣っていたためなのか、コンテストだと思って声をかけてきたため、私のショボ波ではKEYを聞いていることすら判らなかったのか、よくわかりませんでした。

 翌日の日曜日は、1局目はこちらが応答側だったのと例によってこちらの弱い電波のせいで、相手にこちらの質問が伝わらずにファイナルを送られ少々ガックリきていた(このあたりで、もうアワード獲得は諦めていました)のですが、夜になって自分から出したCQには群馬県から応答があって、OP、RIG、ANTのほか、しっかりKEYも聞き出せました。

 月曜夜には2mでCQが出ていたので、それに飛びついたところ、KEYを聞いてきてくれたので、これはラッキーとばかり、こちらもKEYを聞き出すことに成功。そのあと、QSYしてSSBでもA1パーティや2mのCWの状況などお話しできて、本当に勉強になりました。

 5月の後半に入ってくると、こちらのCQに対しては、ほぼ100% KEY? の質問に即座に答えが返ってくるようになり、しかもほとんどの方が私の知っているハイモンドの電鍵だったのと、ゆっくり打って下さったこともあって、大抵は一度でコピーできました。

 そしてそして、KEYを聞き出すのに9局目となった5月24日。2m、おそらく出ている周波数からいって和文相手かな、とも思ったのですが、特にホレ指定でない局長さんのCQに食らいついて、半ば強引に欧文のみで(笑)KEYを聞き出し、アワード達成の10局目との交信に成功。ずっと飲んでいなかったヱビスビールのロング缶で祝杯を挙げました(笑)。

RIMG1884


 その後も5月の31日までは…ということで、CQを出していましたので、30日には11局目の交信でもKEYを聞き出すことに成功。ちょっと変わった名前の電鍵だったのですが、QSL交換をeQSL指定してきてくれ、そのeQSLに使用電鍵の写真を載せたSNSへのリンクを張って下さり、実物の形と名前を再確認することも出来ました。

 こうして、うれしさのあまり、6月1日、ログ提出日の初日(早朝(笑))にメールでA1クラブへログを提出。その週の週末には早くもメールにより参加賞(トップ画像)とアワード(PDF)がファイルで届きました。なかなかかっこいいデザインで、気に入っています。

JI1BJK2020award


 アワードがとれたのも親切なCWerの方たちが辛抱強く私の交信につきあって下さったおかげですから、本当に感謝しています。
 あと、2mと430だけで達成したのは結構自分としては誇れるのでは、などと思ってしまったりします(笑)。単にHFに出るANTがないだけだろ、といわれればそれまでですけど。。。


FT818ND0002


 このページ、ほとんどアクセスもないようなので、いいかげん白状しちゃいますが、実はIC-705の購入はせず、昨年末にFT-818NDを購入してしまいました(笑)。

 理由はですね、IC-705の定価が判ってしまって、この定価だと実売10万以下はアイコムさんだとまずあり得ないし、ほぼIC-7300が同じ値段で買えてしまうだろうと想像できたからなのです(実際今ついている値段を見るとその想像はほぼ当たっているようです)。

 あと、やっぱり初期ロットってトラブルがどうしてもつきもの。操作性の悪さはFT-817初期モデルでほぼ慣れてしまっているので、逆に問題ない(笑)、それに817初期モデルでアマチュアバンドをワッチしていて、やっぱりCWで交信して早く少しでもスキルアップしたい、という願望が強かったためなのです。

 引っ越してきた今回の私のマンション、釣り竿アンテナを突き出してゲリラ的にHFに出るというわけに行かない状況がありまして、しれっと出している2mと430のベランダアンテナと ほそーいアルミ線だけのロングワイヤ(共振点無し)でワッチしていたのですが、今は昔と違って、2mでしっかりCWが毎日のように聞けることに気づきましたし、週末夜にはロールコールもあることに気づいて、とにかくオールモードのRIGがほしい…ということで選んだのが、このFT-818NDというわけなのです。 お値段も結局行かなかった北アルプス山行の為に貯めていた500円玉貯金とポイントで賄えそうだし…ということで購入を決意しました。

 で、この818NDは初期型817とくらべて何が違うのか、ということは皆さん気になるというか、どうせ違いはないんでしょ、と思いつつも、持っている人には聞いてみたいのではないか…と思いまして、こんな記事を書いています。

 見た目の違いはホントほとんどありません。強いて言えば、YAESUとFT-818のロゴが斜体字になっていることぐらいでしょうか。スウィッチや筐体の部品は同じものを使っているとしか思えません。

FT818ND0005
(YAESUの文字が斜めに…。付属電池パック充電中)

 大きな違いは、付属品にNi-MH電池パックSBR-32MH(充電器SAD-24Bも付属しています)が付いていることと、これまでオプションであったTCXOが標準装備になったことでしょう。電池パックは従来品より容量が増えたとはいえ、移動先で2.5w運用だと、おそらくはあっという間に電池切れとなってしまいそうな感じです。
 
 自宅でこの電池パックでワッチしているだけでも20分もしないうちに電圧が10Vを切ってきますので、電波を出したらおそらく短時間しか持ちそうにありません…。まだ試してはいませんので何とも言えませんが、この電池パック一つだけ持って移動先でCQを出すのはかなり勇気が要る気がします(8.5Vを切ってしまうと間もなくでブチッと電源が切れてしまいます)。


 ただ、TCXOは、私のようなCW好きにはありがたいです。特に430でCW交信していると、相手のQRHが判るぐらいですし、かつて初期型817で6m(50MHz)で交信していたときでさえ、交信相手にQRHを指摘されていましたから、UV帯でCWを安心して楽しむにはありがたい装備です。

 あと、バンド切り替えの時、3.5MHz と7MHzの間に 5MHzが新たに登場していること、88MHzと144MHzの間に 108MHz(AM)が加わったことにちょっと驚きました。5MHz帯が日本でもアマチュアに開放されるかどうかというより、このバンドを聞くことも出来るようにしたということでしょうか。
 
 出力の6Wは、まぁ、ほとんど5Wと変わらないだろうな…というのが正直な感想です。普段13.8V安定化電源に繋いでいるときは6Wフルパワー(笑)で運用していますが、5Wだと届かないけれど、6Wならなんとか…という場面はほとんど無いのでは…と感じます。むしろ、ここは旧型のようにQRPP(0.5W)を残しておいてほしかったですね。
 まぁ、ファイナルの飛んだ817でも0.1wぐらいならでるようなので(笑)、どうしてもQRPPやりたければ817で強引に波を出すという方法も採れなくはないのですけれど。

 オプションは特につけませんでした。というか、買うときにソフトケースをサービスしてくれるところで買ったので、ソフトケース(あと八重洲のロゴが入った帽子もおまけでくれました!)があるのと、フィルターは初期型817に入っていたコリンズCWフィルターYF-122C(500Hz)をそのまま移植したので、今回はオプションにお金を使っていません。


FT818ND0006
(おまけでつけてくれたキャップとソフトケース)

 そうそう、もうひとつ、大きな変更点がありました。それはWFM帯(いわゆるFM放送)を聞くとき、Sメーターがまったく振れないことです。初期型817で国内のFM放送を聞くと大抵Sメーターがほぼ右端まで振り切れますが、818NDではまったく振れないというか、Sメーター表示をオフにしているようです。まぁ、確かにラジオを聞いているときはあまり意味の無いことなのですが、最初買ったばかりで、とりあえずFM放送を聞いて動作チェックというとき、「ありゃ不良品かよ」と思ってしまいました。もちろん取説を読むとちゃんと書いてあるのですが…。ちなみに海外日本語放送など短波帯の放送を聞くときはこれまで通りSメーターが動作します。

 最近、A1クラブのQSOパーティーなどに参加して、このリグを使ってみたのですが、やはり心配なのは、またファイナルがぶっ飛んでしまうのでは…という点です。筐体も同じなので、送風のファンなどはなく、CQを出して1時間などという運用をすると、運用後の本体はかなり熱を持って熱くなっているのが判ります。おそらく少しは丈夫な部品を使っているとは思うのですが、構造は基本的に変わっていないと思いますので。。。飛ぶのなら保証期間内に飛んでほしい(笑)などと妙な考えを抱いてしまいます。
 
 あと、ま、これはどうでも良いことなのかも知れませんが、初期型817に同梱されていた回路図は818NDには入っていません。 
 SDR全盛ですし、今どきの無線機には回路図なんてつけないのでしょうか。。。回路を知られたくないということよりも、あっても回路図を追える人が、現在の無線機にあってはほとんどいないに等しいでしょうから、メーカー側も意味の無いことはしないということなのかも…、と考えてしまいました。



RIMG0894
(5年前、和文習得のために縦振れ電鍵を買ったけれど、結局挫折)
 
 前回の記事で、ほしいなぁ~と思っていたHF/50MHzのリグ(無線機)というのは、以前に欲しいと思っていたKENWOODのTS-480ではなくて、アイコムのIC-7300だったんですけど、これだと2mや430には出られないし、100Wだとやっぱりインターフェアとかいろいろ対策しないといけないだろうし…ということで、躊躇。

 もちろん、大人気のIC-9700とお揃いで買えば素敵なシャックになるのだろうけれど(笑)、1200が標準で付いているとは言っても、VHF/UHFに18万円もかける気にはちょっとなれないし、2台で30万も出して、結局またアマチュア無線飽きちゃったりしたら、相当もったいない話ですよね。

 で、やっぱりFT-818ND買い直してQRP(6WだからチョイQROか!)継続か…なんて感じで、Yahoo!ショッピングとか覗いていたら、なんとFT-857Dが818NDとほぼ同額で実売ということに気づきました。

 FT-857Dだったら、100W機もあるし、ファイナルがぶっ飛んだ817の中に入っているCWフィルタもそのまま使えるし、Dが付く現行のタイプならDSPも付いているし、いちおうスペクトラムスコープも付いている。。。操作性は悪いけれど、817でかなり慣れてしまっているので…とこの機種の購入にかなり心が一時傾きました。。。

 ただ、私は車も持っていないし、今後持つつもりもない。そして2kgあるこいつを山に担ぎ上げて運用する体力も気力もない…100Wや50Wだと固定で使う場合、安定化電源も新しく買わないと…ということで、速攻で衝動買いはしなかったのです。

 そして、迎えたハムフェア(私は行きませんでしたが(;^^)ヘ..)で、何とアイコムが衝撃の新製品を発表したことにYouTubeで即日気づいてしまったのです。

 そうです、IC-705です。なんとも絶妙なタイミングでした。まさに私が欲しかった商品がこれ!という感じでした。
 HFと50~430をオールモードでカバー。出力10W 5W 0.5W(818NDは1W運用は出来るがQRPP=コンマ○○ワットは設定できない)切り替え可。
 受信は30kHz~144MHzをカバーってことは、Eスポ時なんかは60MHz帯とかのロシアのFM局も受信可能ってことなんでしょうか(BCL)?

RIMG0896
(817で近所のコミュニティ放送局を聴いてベリカードもらったりしてます)

 なんでもID-31なんかに使用されているバッテリーで駆動するということなのですが、バッテリー果たしてちゃんと保つんでしょうか(難しそう)という懸念はあるけれども、私の場合は、おそらく固定で使う(笑)だけなので、ほぼ心配は無用。

 バッテリー込みで約1kg。発売は2020年3月頃を目指し、実売で10万円とかいう噂も…。こうなったら待ちますよ、待とうじゃありませんかアイコムさん♪という気持ちになってきます。

 で、発売までの半年あまりを八重洲のハンディ機VX-5だけで我慢するのは、ちょっと厳しいかも知れないけれど、このぐらいの年齢になると、半年なんて「あっという間」だろうし、その間にまた無線熱が冷めてしまうこともありうることなので、それまでは、和文の習得再挑戦と、1級免許目指して、無線機の理解を深めようかな…なんて考えています。

RIMG0893
(電子回路などの理屈をしっかり理解したい…)

 私の場合、2級はいちおう、電信の受信試験がまだ1分間45字だった頃で、こちらに時間をとられて、試験の勉強は問題集をサルのように繰り返して解く、といういささか受験テクニックに長けた方法で取得した為、無線機の回路などの知識は実践で使えるほどのものではないまま。たとえば少し前の無線機の修理などやる自信はまったくありません。

RIMG0891
(FT-817に付属していた回路図:ファイナル部分ということはわかるけど…)

 そこら辺の知識を深める意味で、今度は理屈をきちんと理解してみたいと思ったりしているんです。1級をとる意味って、1kw出したいのでもない限り、とる意味は実際のところ余りないのでしょうけれど、受かるかどうか自信ないけれど少し勉強してみたい…という気持ちなんです。

 それにしても、アイコムのこの新製品が市場に出たら(というかもう今の発表時点で)、FT-818NDを出して1年ほどの八重洲無線は、相当な打撃でしょうね。実売価格、相当下げないと売れないんじゃないかなぁ~なんて余計なお世話かも知れませんが、古くから(FRG-7の時代から!)八重洲ファンだった私は結構心配してしまいます。


↑このページのトップヘ